薬用シャンプー ランキングTOP > 髪の毛の豆知識 > 髪の毛の構造 

髪の毛の構造

髪の毛構造は、@表面を覆う毛小皮(キューティクル)、A毛髪の大変を占める毛皮質、B中心部にある毛髄質の3部分から構成されています。


毛髪の構造図 右図の一番表面を覆っている@の部分(茶色部分)がキューティクルと呼ばれる毛小皮です。


@の内部にあり、毛髪のほとんどをを占めるが毛皮質で、右図のA(水色部分)にあたります。そして図の中心部、Bの黒い部分が毛髄質です。




これら3つの構造から成り立っている髪の毛は、その成分の約8割から9割がタンパク質でできています。


タンパク質はアミノ酸から構成されいるため、髪の毛の主成分はアミノ酸、と言い換えることができます。アミノ酸シャンプーが髪や頭皮に優しいとして人気なのは、成分が髪の毛と同じであるこの点にあります。


また、髪の毛が綺麗に見えるかどうかを左右するキューティクルは一番外的な刺激を受けやすい部分にあります。

傷ついたキューティクルの補修にも、アミノ酸系のシャンプーは効果的でオススメのシャンプーです。

人間の身体を構成する20種類のアミノ酸のうち、髪の毛は18種類ものアミノ酸で構成されています。従って、アミノ酸系の洗浄剤を使っているシャンプーは頭皮や毛髪には自然な成分、といえるでしょう。

出会いがない 30代
Copyright © 髪の毛の構造|薬用シャンプーランキングAll rights reserved