女性の抜け毛の種類と牽引性脱毛症

 びまん性脱毛症

 分娩後脱毛症

 脂漏性脱毛症

 牽引性脱毛症 ★当ページでは、この【牽引性脱毛症】を解説していきます。

 批糠性脱毛症

牽引性(けんいんせい)脱毛症とは、頭皮の特定箇所に張力がかかることにより起こる脱毛症です。

従来は女性の方が髪の毛が長い割合が圧倒的に高かった女性によく見られましたが、ファッションやヘアスタイルの自由化に伴い、男性にも多く見られるようになりました。

それでは、牽引性(けんいんせい)脱毛症について詳しく見て行きましょう。

牽引性脱毛症の原因と特徴

牽引性(けんいんせい)脱毛症は、ポニーテールなど特定の箇所が引っ張られる(牽引される)ことにより起こる脱毛症です。

特定箇所が引っ張られることで頭皮や毛根がダメージを受けるとともに、血行の流れが悪くなり脱毛に至ります。

同じ量の髪の毛を束ねたり引っ張った場合、髪の毛の長さに比例して頭皮のダメージも増大します。

一昔前までは髪の毛が長い人の割合はほとんどが女性だったため、女性に多い脱毛症でしたが、ファッションやヘアスタイルの自由化に伴い、男性にも多く見られるようになりました。

牽引性脱毛症の特徴としては、牽引されている箇所が脱毛したり毛髪が細くなり、地肌が透けて見えるようになります。

また、髪の毛が長くなくても、同じ場所で髪の毛を分け続けいると分け目が薄くなるのも牽引性脱毛症の特徴です。

牽引性脱毛症の対策

牽引性脱毛症は、頭皮に負担をかけている原因が取り除かれると自然に治る脱毛症です。

髪型による牽引性脱毛症であれば、定期的に髪型を変えたり分け目を変えるなど、特定箇所に負担がかからないよう心がけましょう。

また、血行の流れを良くするために頭皮全体をマッサージすることも効果的です。ただし、引っ張られていた箇所はダメージを受けていますので、過度なマッサージや強い刺激を与えると悪影響を及ぼしますのでご注意下さい。

牽引性脱毛症は毛根への負荷が原因であるため育毛剤で発毛することは出来ません。

しかし、原因である頭皮と毛根への負荷を軽減した上での育毛剤利用は、細くなった髪の育毛と早い回復に効果がありますので女性用育毛剤も参考にしてみてください。

定期的にヘアスタイルの変更を

同じ髪型を長期間に渡り続けると、特定の箇所に負担が集中します。頭皮や毛根のダメージを避けるため、定期的にヘアスタイルを変更しましょう。

出会い
Copyright © 牽引性脱毛症(女性の抜け毛の種類)|薬用シャンプーランキング All rights reserved