uruotte(うるおって)の成分

まず、アミノ酸シャンプーの定義について整理をしましょう。

シャンプーは、成分のほとんどを水と洗浄剤(界面活性剤)が占めています。

従って、水の次に多い成分(全成分表示で水の次に表示されることが多い成分)がどのような成分なのかでシャンプーの性格が決まります。無添加天然アミノ酸シャンプー uruotte 無添加天然アミノ酸シャンプー uruotteは、主成分にヤシ油由来の天然アミノ酸系洗浄剤を使用。そのため、アミノ酸シャンプーと呼ばれています。

uruotteの容量・成分と、その効用は以下をご参照ください。

【容量】

260ml /1本(約2〜3ヶ月分)

【配合成分と配合目的】

配合成分と目的は表をご参照ください。

成分 配合目的 成分 配合目的
精製水 ◆セイヨウトチノキ種子エキス 育毛、血流促進、抗炎症
ココイルグルタミン酸TEA ヤシ油由来の天然アミノ酸系洗浄剤 ◆ハマメリスエキス 抗菌、抗脂漏、消臭
グリセリン 植物由来の保湿剤、ヒマシ油 ◆ブドウ葉エキス 抗炎症、収れん
コカミドDEA ヤシ油由来の天然アミノ酸系洗浄剤洗浄剤 ◆カミツレエキス 抗炎症、血流促進
ラウラミドプロピルベタイン 植物由来の洗浄剤 ◆トウキンセンカエキス 抗炎症、血流促進、抗菌
ホホバ油 保湿 ◆フユボタイジュ花エキス 抗炎症、育毛、抗脂漏
◆グリチルリチン酸2 甘草根から抽出。抗アレルギー ◆ヤグルマギクエキス 抗炎症
◆オウバクエキス 抗菌、保湿 ◆ローマカミツレエキス 抗炎症、鎮静
◆オタネニンジン(朝鮮人参)エキス 血流促進、フケ予防 ポリクオタニウム-10 毛髪保護、帯電防止
◆センブリエキス 育毛、血流促進 BG 保湿
◆ボタンエキス 保湿 エタノール 植物エキスの抽出溶媒
◆アルニカ花エキス 抗炎症 フェノキシエタノール 防腐剤
◆オトギリソウエキス 抗炎症 メタリン酸Na 食品にも使われる安定剤
◆セイヨウキズタエキス 抗炎症、抗菌 ◆マークは16種類の生薬です♪

アミノ酸は髪の主成分と同じ

頭皮ケアの新常識 アミノ酸シャンプーuruotte

人間の髪の毛の主成分であるたんぱく質は、いくつものアミノ酸から構成されており、その中で一番多いのが硫黄を含む含流アミノ酸です。

髪の毛を燃やした時に硫黄のニオイがするのは、このためです。

また、髪の毛の99%は【シスチン】と【メチオニン】を主とした18種類のアミノ酸というタンパク質から構成されています。

このアミノ酸を主成分としたシャンプーが、一般的にアミノ酸シャンプーと呼ばれるシャンプーです。

アミノ酸系シャンプーのランキングで人気No.1のuruotte(うるおって) uruotte(うるおって)は、水の次に多い主成分が天然ヤシ由来のアミノ酸系洗浄剤、【ココイルグルタミン酸TEA】。同じ天然ヤシ由来の【コカミドDEA】も配合しており、頭皮や髪の毛と同じ弱酸性なので、そのやさしさは赤ちゃんの肌にも使えるほど。優しく頭皮と髪の毛を守りながら、潤いを奪いません。

アミノ酸シャンプーuruotte画像100x100

また、アミノ酸は髪と同じ成分であるため、痛んだ毛髪に付着して栄養を供給する働きをもっています。

更に、肌と同じ弱酸性のうえしっとりと指通りよく洗えるため、リンスも不要というメリットもあります。

肌が弱い方やカサカサ肌の方、市販のシャンプーでは刺激が強すぎる方や忙しくてリンス・フリーを望む方にはアミノ酸シャンプーが是非お勧めです。

赤ちゃんの肌にも使える低刺激アミノ酸シャンプー♪

アミノ酸シャンプーで頭皮を優しくケア

アミノ酸シャンプーの特徴は、赤ちゃんの敏感肌にも使えるほど刺激が低いものがたくさんあります。

また、人間の髪の毛の主成分であるたんぱく質は、18からのアミノ酸で構成されているため、肌が弱い方や敏感肌、乾燥肌の方には特にお勧めのシャンプーです。

刺激の強い市販シャンプーでは、逆に頭皮を痛めてしまう可能性があります。頭皮が炎症を起すと、抜け毛が更に進行してしまします。

頭皮を優しくケアしたい方には、是非ともアミノ酸シャンプーをお試し下さい。

Copyright © uruotte(うるおって)の配合成分|薬用シャンプーランキング All rights reserved